VIO脱毛の痛みは誰もが感じると思っておいた方が良い

vio脱毛

脱毛サロンやクリニックに行って、そこで脱毛をしてもらうというときに、いろいろな部位を注文すると思いますけど、VIO脱毛に関しては痛みがほぼ起きると思っておいた方が良いです。

VIO以外でも起きることはりますけど、その際には確率は大分下がるということになるのです。VIO以外の部位は痛みが発生することもありますが、痛みの有無についてはVIOと比べたら人によると言える状況と言えます。つまり、人によっては痛みがほとんどないような状況もありえるということになります。

しかし、VIO脱毛になると、痛みを感じる人は一気に増えるということになり、痛みをほぼ感じない人の方がかなり少数派になると言えるのです。ということは、過去に他の部位で痛みを大して感じなかったとしても、これからVIO脱毛をするならば痛みが発生することは避けづらいということになります。VIO脱毛を考えている人はその想定をしておくべきなので、覚えておきましょう。

しかし、VIO脱毛の痛みはどうして発生確率が上がるのか?そこが気になる人がいるはずです。どうしてVIO脱毛に関しては痛みを感じやすいのか?というと、皮膚の状態が他とは異なっているからなのです。

VIOの箇所というのは、他の部位よりも一般的に皮膚が薄くなっています。だから、レーザーを当てると痛みを強く感じやすいという傾向があるのです。

皮膚が薄いというのがVIO脱毛で痛みを感じやすい理由になりますけど、あとはこの部位というのは毛が濃く生えやすいところでもあるので、レーザーを当てるときに強く反応しすぎるということも言えます。それもVIO脱毛の痛みが大きくなりやすい理由になっているのです。

したがって、VIO脱毛の痛みというのは他の部位よりも感じやすい原因がちゃんとあるので、自分も痛みを感じるという前提で利用していくべきと言えるのです。そうなると、痛みが本当に起きた際にどうすべきか?という対策が必要になります。

VIO脱毛の痛みへの対処法

痛みが発生するといっても、痛みの程度は個人差があるため、そのまま施術を続行できる痛みとそうじゃない痛みがあります。施術を続行するのが難しいときには何らかの対策をとる必要があるのですが、例えばクリニックを利用しているときならば、麻酔の注射を打って、それで痛みを感じづらくするということが可能です。

しかし、脱毛サロンの場合にはそれができないので、痛みに対する対処という点を踏まえると、脱毛サロンとクリニックで利用するべき方が決まってくるということも言えます。やっぱり麻酔が使えるか?どうかという点は、痛みに対する不安を緩和させるためにかなり重要ですから。

しかし、脱毛サロンでも対策が全く使えないわけではなく、例えば使っている機器の威力を落としてもらうなどが可能です。その分効果も弱まることになりますけど、痛みが我慢できる範囲に収まれば施術は続行できますから。

そうやって痛みが我慢の範囲を超えたときに、いかにそれを緩和させるか?という対策を頭に入れておくことができれば、いざというときに備えることができるので、VIO脱毛の痛みへの不安は小さくなるはずです。

VIO脱毛の痛みに関しては一定程度は起きると思っておくべきですけど、それが我慢の範囲を超えるか?超えないか?は個人差があります。そして、やってみないと分からないという意味では、痛みの程度が自分の我慢の範囲を超える前提でいた方が良いですし、そういったときにはこういう対策が一応使えるということを知っておくと良いでしょう。

痛みが起きる前提でいないと、そういう対策が可能なことを知ることもないでしょうから、VIO脱毛をこれから行いたい人はこういった部分をしっかりと頭に入れて受けていくと良いと思います。