脱毛サロン選びと全身脱毛について

脱毛サロン選び

脱毛サロン選びで悩んでいるあなたに選ぶ際の比較ポイントをお伝えしたいと思います。
沢山あるサロンの中から自分に合うサロンを見つけてくださいね。

1つ目のポイントは脱毛の体験ができるかどうかです。

体験できるサロンはサロンの雰囲気を確認できます。自分に合わないかなと思ったら契約せずに他のサロンを探せば良いですね。体験できると脱毛効果も確認できます。1回では分かりにくいかもしれませんが、痛くないかなどは確認できます。

2つ目のポイントはお得に受けられるサービスがあるかどうかです。

キャンペーンをしているサロンは沢山ありますので、自分が受けてみたいキャンペーンを行っているサロンを見つけてみてください。お得に脱毛できるのは費用負担が軽減されるので良いです。

3つ目のポイントは予約をスムーズに取れるのかという事です。

希望している日時に予約できないとせっかく契約したのに思うように脱毛できません。予約しやすいサロンを見つけましょう。全国展開していて店舗数が多いサロンは予約も取りやすいです。

4つ目のポイントは使用しているマシンです。

使用しているマシンはどんな効果が期待できるのかチェックしてみましょう。例えばある脱毛サロンでは光による美肌効果も期待できるとされています。

さらに産毛がキレイになるとか黒い肌でも照射できる、日焼けしていても照射できるなどマシンによって脱毛できる肌質や効果が異なります。知っておくと自分に合うサロンなのか見極めるのに役立ちます。

5つ目のポイントは自分の希望している部位を脱毛できるのかという点です。

コースはサロンによって異なるので、照射できる範囲も異なります。きちんと照射範囲を確認してください。全身脱毛コースでも顔が含まれていないとかVIOは含まないなどがあるので要注意です。

6つ目のポイントは、脱毛サロンが通いやすいかということ。

全身脱毛したければサロンに通う期間や回数が必要になります。
そうなれば店舗への通いやすさも重要です。お住まいの都道府県や地域から通いやすいお店を選びましょう。例えば北海道の札幌市内に住んでいるのであれば、こちら⇒ 全身脱毛札幌おすすめナビ!札幌の脱毛サロンを厳選ランキング などを参考にすると良いでしょう。

全身脱毛を受けたいけれどいくらくらいかかるの?

全身脱毛を受けたいけれど費用が高そうで悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。全身脱毛は自己処理が難しい背面もきれいに脱毛してくれるので人気があります。最近はうなじの脱毛も注目されています。

全身脱毛はどれくらいの費用がかかるのでしょうか。全身脱毛の費用はサロンによって異なりますが相場で30万くらいになります。

月額制や分割払いで負担なく脱毛をしていくことが可能です。部位別で脱毛をして全身きれいにするのなら全身脱毛コースで契約してしまったほうが最終金額は安くなります。

全身脱毛はエステサロンでも医療レーザー脱毛でも受けることができますが、終了までの回数が異なります。医療レーザー脱毛のほうがより早く脱毛を完了させることができます。エステサロンの脱毛は倍以上の回数通わなければ脱毛できません。

お肌の弱い人の場合は医療レーザー脱毛だと肌が荒れてしまう場合もあるのでエステサロンの脱毛にしたほうが安心でしょう。痛いのが苦手という人もエステサロンの脱毛のほうが痛みが少ないのでおすすめです。

脱毛前に注意しておきたいこと

全身脱毛を受ける際に注意しなければいけないことがあります。それは生理の場合VIOの脱毛ができないという事です。

VIOの脱毛ができなくても他の部位の脱毛はできると予約してしまうとVIOも1回分照射したことになってしまいます。生理で受けられないという時は早めに予約を変更しましょう。

せっかく全身脱毛コースで契約しているのに1回分が消化されてしまうのはもったいないですよね。生理中は肌のトラブルも起こりやすくなってしまいますので他の部位もできれば照射しないほうが良いと言われています。生理が終わってから脱毛を受けましょう。

子供が脱毛をしたいと言ったときには何歳から可能なのか?

キッズ脱毛

キッズ脱毛という概念があり、幼い子供の頃からすでに脱毛をしておくというケースが増え始めています。子供の頃から脱毛をする理由はいろいろなものがありますけど、よくあるのは毛深いことでからかわれたりしているため、その状況を変えるためというのがまず大きいです。

それ以外では、例えば水泳をやっていたりして、肌を露出する機会があり、そのときに毛が生えているのが気になってしまうなどです。そういった感じで、子供のうちから脱毛をしておく需要というのはちゃんとあるということになります。

しかし、子供のうちからやるといっても、いつから可能なのか?という点が重要です。実際、子供のうちに脱毛をしたいという要望を持っている人がいたとしても、まずはその点を知っておかないといけないでしょう。子供の脱毛に関しては、何歳からという基準は各サロンごとに異なっているので、特定の年齢からという断言はできません。

子供の脱毛を行っているようなサロンについて詳しく調べてみると、いろいろな状況というのが見つかります。最も低い年齢であると思われるところでは3歳とかですが、そういったサロンはかなり少数派です。

全体的には7歳とかのケースが多くなっており、このあたりが平均なのかな?という感じです。つまり3歳のようなケースはなかなか珍しいとしても、7歳あたりの年齢であれば可能な脱毛サロンはいくつか見つかるということになるのです。

7歳というと、小学生になりたてくらいの年齢ですが、このあたりの年齢になるとクラスでからかわれる可能性も考えられますし、習い事をしていても不思議ではないので、すでに話したような脱毛をする需要というのが生まれてくることになります。したがって、実際にこういった状況のために脱毛をしたいと思ったときには、対応しやすいということです。

あとは具体的な年齢を決めておらず、生理がきたら可能としているようなところもあります。そういう感じで、サロンごとに可能な年齢やタイミングというのが異なっているので、その点を認識しておく必要があるでしょう。

子供が脱毛をしたいと言ってきたとしても、そのときの年齢によって選ぶことができるサロンは限定されますから。全体的に言えば、7歳を超えていれば選択肢が割と見つかる可能性がありますから、目安はそのあたりになると言えます。

しかし、3歳から脱毛ができるところもあるということを言いましたけど、そういった年齢の子供だと自ら脱毛をしたいと言い出す可能性はかなり低く、親の意思になってしまうので、あまり望ましいとは思えません。したがって、子供の脱毛をするときには基本的に子供の意思を確認することが必要と言えます。

子供から脱毛をしたいと言ってきたときに初めて検討するというのが良いと思いますし、その時点でその子供の年齢でも可能なところを探すと良いでしょう。

そして、子供は何らかの理由があって脱毛への思いを抱くはずなので、脱毛をしたいと思うような理由が生まれるのは多くの場合、小学校入学以降だと思います。それ以前で脱毛をしたいという欲求が生まれる出来事に遭遇する可能性はかなり低いでしょう。

そうなると、多くの場合では子供が脱毛をしたいと思った時点で7歳を超えている可能性が高いのではないか?と思います。
つまり、そういう部分を踏まえると、脱毛をしたいと思った子供に対応してくれるサロンは割と見つかりやすい可能性があるということです。

現実的に脱毛への思いを抱くことになる年頃の子供でも対応可能なサロンは意外と多くあり、多くの子供の希望を叶えているということになります。

キッズ脱毛というものが流行っている面もありますけど、こういう状況がより顕著になれば、これからは幼い子供への対応をするところが増えたり、対応しているサロンの年齢の下限が下がったりすることも考えられると思います。

海外製の安価な家庭用脱毛器を使ってみての感想

家庭用脱毛器

カミソリなどを使ってムダ毛処理をするのは、思いのほか大変です。場合によっては、お肌を傷つけることになりますし、何により、半永久的に毎日のように処理しなければならないので面倒です。

特に私のような体毛の濃い人間にとって、ムダ毛処理は非常に大きな問題(死活問題と言ってもいいかもしれません)です。
処理を怠れば、私の評価に直結しますし、場合によってはとても恥ずかしい思いをしなければなりません。となると、脱毛サロンに通って、手っ取り早く全身脱毛をするのが一番だとは思うのですが。

なかなか脱毛サロンに通うとなると、お金も必要になりますし、時間も必要になります。今の私にそれだけの余裕はまったくなく、ともすれば、やはりセルフ処理に頼らざるを得ません。

でもセルフ処理は面倒くさいとまあ、こういったジレンマの中、もやもやした気持ちで処理を行ってきた私ですが、少し前にとある商品に目が留まりました。それは、某有名通販サイトで取り扱われていた、家庭用脱毛器です。

この商品は、光による脱毛が実現するのですが、なんとそのお値段が非常に安い!1万円を切る値段で、光脱毛が実現するのです。ただしメイドインジャパンではなく、海外製のモノになります。

若干不安もありますが、口コミ評価を見る限りでは皆さん効果を実感しているようで、特にネガティブな意見は見られません。
本当なら、ケノンなど、しっかりとしたメーカーのモノを買いたかったのですが、前述したように、そこまでの余裕はありません。というか、ケノンを買うお金があるなら、エステサロンに行った方がいいのではと思います。

さて、話を元に戻しまして、1万円以内で買える安価な家庭用脱毛器。これが結構しっかりしていて、デザインも近未来感あふれる重厚な仕上がりです。こういうものは意外とデザイン性重要になってきますよね(私だけ?)。

さて、肝心の脱毛上の効果ですが。想定していた以上の結果が得られました。今回、私は、ワキの脱毛を2週間周期で行ってまいりました。足や腕など、目立つ部位は避けた形です。なんてったって、光を照射するわけですからね。

もしかすると、何かしらお肌に不都合を生じさせるかもしれません。念には念を押しておいた方がいいのです。目立つ部位は、他の人に試していただきましょう。

ちなみに今回この家庭用脱毛器を使ったのは私だけではなく、交際中の彼氏にも試してもらいました。彼氏は結構剛毛で、手の甲にもかなりの毛が生えています。彼氏には、この部分の脱毛をしてもらいました。

家庭用脱毛器の効果は

あれから3か月。2週間周期ですから、大体、6回照射したことになりますが。ビックリするくらい毛が薄くなっています。

特に彼氏の手。あんなに剛毛だったのに、今ではツルスベ肌になっちゃってます。私のワキもかなり薄くなっていて、2人して喜んでいます。1万円を切る価格でありながら、ここまでの効果が得られるとは。

コスパ的には相当なものです。それともう一つ言及しておきたいのが、照射時の痛みです。私が使っていた脱毛器は、1から5までの照射レベルが用意されており、私も彼氏もレベル3で実践してきました。

私個人の感じ方としましては、痛いものの十分我慢できる、というものでした。これは彼氏も同じようで、チクリと来る痛みはあるものの、我慢できないというほどではありませんでした。

これに関しては、人それぞれ感じ方が違うでしょうし、部位や、照射レベル、もっと言えば、購入する機種によっても変わってくるので、何とも言えないんですけどね。

ただ一つ言えることは、脱毛効果は、ものすごく満足できるということです。海外製の安価な脱毛器でこれだけの効果が得られるのですから、メイドインジャパンのモノになると、効果はもちろん、痛みや製品寿命などといった点に置きましても、より高い見返りが期待できるでしょう。

介護脱毛のすすめ。恥ずかしいと思うのはお元気だから。

介護脱毛

介護脱毛という言葉をご存知でしょうか。介護される方の負担を減らすためにするアンダーヘアの脱毛のことを言います。

なぜこの部分の脱毛をすることが介護と結びつくのかというと、おむつを付けなければいけなくなった時のことを考えてのことです。アンダーヘアがあるとそれに便が付着してしまい清浄するのが難しくなり、臭いの原因になってしまったり、下手すると感染症になることもあります。感染症はつらいです。その上、介護を受けないといけない身ともなると、つらさが倍増することは容易に予測できるのではないでしょうか。

ちなみに、介護脱毛を受ける方は、今まさに介護をされている方や介護経験者で、自分がそうなった時に自分が今している苦労やかつてした苦労を自分の介護をしてくれる人にかけたくないからという理由でされる方が多いかと思いきや、そういう方ばかりではなく、まだ介護をするのは先という方もこの目的でケアをされるようです。これも時代の流れなのでしょう。

介護をされている方や、介護経験者が体験談をのせ、その情報に触れた人がその必要性に共感している結果がここにも現れています。もちろん脱毛する場所が場所だけに躊躇される方もいるはずですし、そのお気持ちはよく分かります。

しかし、脱毛は早く始めれば始めるほど、綺麗にできます。というのも、アンダーヘアの脱毛をする場合、レーザー光線を使ってすることが多いのですが、レーザー光線は黒色に反応するため、白髪になってからだと綺麗に処理できないことがあります。

お若い方は想像もつかないことかもしれませんが、アンダーヘアもまた白髪になります。だから、白髪になる前に脱毛をすることで、より綺麗な仕上がりになるのです。

また、アンダーヘアの脱毛は、他の部分の脱毛よりも痛いことで知られています。塗るタイプの麻酔の処置をしてもらっても、多くの方が痛みを感じます。

年をとって、介護が必要な状態になった時に、それに耐えられますか。綺麗に仕上がることだけでなく、体力や精神面的にも、早いうちに処理してしまいましょう。

日本におけるアンダーヘアの脱毛は、まだそれ程、一般的ではないかもしれません。しかし、ある年齢以上になってもバレエや体操などをされる方などであれば普通にされていますし、最近はありたい自分でいるためや、おしゃれでされる方も増えてきています。

海外ではどうかというと、女性であっても、自然であることが一番ということで脇の毛のケアですらせずに見えるがままにしている人も言れば、脇などはもちろんのこと、アンダーケアの脱毛までマナーとしてするようにと家庭教育を受ける人もいます。

後者の方にどうしてそのような教育というか、しつけをと聞いた時、綺麗にしていなければ病気になるからよと真顔で言われました。介護脱毛をする理由と同じ理由で、アンダーヘアの脱毛を習慣・文化とする人もいるのです。

人生50年と言われた時代もありました。その頃も介護を必要とする人はいたかと思いますが、いわゆる老々介護などではなかったことでしょう。しかし、今の日本は人生100年の時代を迎えています。医療も進歩し、なかなか死ぬこともできないとぼやく人もいるほどです。

死ぬことができないのなら、できるだけ快適に、かつ、周囲の人と笑い合いながら楽しく過ごしたいとは思いませんか。介護脱毛はそのような老後を過ごすのに必要な手続きの一つと考えれば良いのかもしれません。恥ずかしいと思われるのは、まだお元気だからです。

その時を迎えたら、あの時、しておいて良かったと思われるはずです。ご興味がある方は、まずは介護脱毛をしているところにお話を聞きに行かれてみてはいかがでしょうか。

TBCの終わりのある脱毛について

tbc

エステサロンで脱毛を受ける場合、永久脱毛ではないと言われていますのでまた生えてきてしまう可能性があります。せっかく脱毛したのに生えてきてしまうなら医療レーザー脱毛にしようかなと思いますよね。しかしエステサロンでも永久脱毛を受けることができます。それがTBCの終わりのある脱毛です。

TBCではエステサロンの中で唯一美容電気脱毛という方法を取り入れています。美容電気脱毛は美容電気脱毛を行うための資格が必要になります。美容電気脱毛はエステサロンの光脱毛や医療レーザー脱毛よりも昔からある脱毛方法で歴史が長いです。

脱毛にかかる時間や手間を考えると医療レーザー脱毛のほうが良いと思う人もいるかもしれません。でも医療レーザー脱毛の肌トラブルが気になる、お肌が敏感という人は、美容電気脱毛と光脱毛を組み合わせて受けることができるTBCの脱毛がおすすめです。

美容電気脱毛って?

美容電気脱毛は毛穴に針を刺して行います。針から電気が流れて毛を抜きます。1回抜いた毛はもう生えてきません。電気によって毛根組織が破壊されるからです。

これを1本ずつ繰りかえしてムダ毛を処理していきます。1本ずつ電気を通すのでとても時間がかかりますが確実にムダ毛を減らしていく事ができます。照射漏れなどが無いというメリットがあります。

美容電気脱毛を受けてみました

早速、TBCで美容電気脱毛を受けてみました。
カウンセリングでは美容電気脱毛の説明を聞いて症例写真を見せてもらったのですが、本当にツルツルになっていました。20年後の写真もあってそれも全く生えていない状態でした。永久脱毛という事がよく分かります。

脱毛してすぐの写真は、蚊にかまれたみたいに真っ赤になっていました。こんなに赤くなるんですか?と聞くと個人差がありますがかなり腫れる人もいますよと言われて少しビビりました。痛みもかなりあるということで、照射前からかなり体に力が入ってしまいました。

脱毛は個室で行われます。担当してくれるスタッフさんは、専用の眼鏡をかけて毛穴が良く見えるようにしていました。そして今回処理したい部分をマーキングしてくれます。その部分の毛を美容電気脱毛で抜いていきます。

今回は脚のムダ毛を抜きました。1本ずつ電気を通していきます。ビビっとした痛みが走ります。膝は特に痛みがありました。骨に近いところは電気が伝わりやすいので痛いみたいです。

まず左足を抜いてもらってきれいになっているのを確認しました。本当にその場でムダ毛がなくなっていて、ツルツルになっていました。でも赤くなっていて虫刺されが腫れたような感じでした。これは2~3日続くらしいです。スカートが履けないなと思いました。

お出かけしたい時は避けたいですね。そして右も行っていきました。右のほうが痛みを感じました。全部終わって抜けた毛も見せてもらいました。本当に無くなったんだなと実感できるのは嬉しいです。

両足とも真っ赤になったのでこれが数日続くのはちょっと嫌なのですが、しっかり冷やしてくれて少しだけ赤みが引きました。数日間は冷やすことをしなければいけないみたいです。

専用の化粧品も販売されていてできればそれを使うことをすすめられました。2~3日はサウナどか激しい運動も控えるように言われました。

赤みは数日でひきましたが、一部分斑点みたいに残ってしまいました。レーザー脱毛の仕上がりと同じくらいツルツルになりますが、斑点が残るかもしれないという点が微妙です。

あと痛みがかなりあるので、それに耐えられるかどうかという点もデメリットです。しかし1本ずつ確実に処理できて1回で完了するという点では医療レーザー脱毛よりもすごいと思いました。

VIO脱毛の痛みは誰もが感じると思っておいた方が良い

vio脱毛

脱毛サロンやクリニックに行って、そこで脱毛をしてもらうというときに、いろいろな部位を注文すると思いますけど、VIO脱毛に関しては痛みがほぼ起きると思っておいた方が良いです。

VIO以外でも起きることはりますけど、その際には確率は大分下がるということになるのです。VIO以外の部位は痛みが発生することもありますが、痛みの有無についてはVIOと比べたら人によると言える状況と言えます。つまり、人によっては痛みがほとんどないような状況もありえるということになります。

しかし、VIO脱毛になると、痛みを感じる人は一気に増えるということになり、痛みをほぼ感じない人の方がかなり少数派になると言えるのです。ということは、過去に他の部位で痛みを大して感じなかったとしても、これからVIO脱毛をするならば痛みが発生することは避けづらいということになります。VIO脱毛を考えている人はその想定をしておくべきなので、覚えておきましょう。

しかし、VIO脱毛の痛みはどうして発生確率が上がるのか?そこが気になる人がいるはずです。どうしてVIO脱毛に関しては痛みを感じやすいのか?というと、皮膚の状態が他とは異なっているからなのです。

VIOの箇所というのは、他の部位よりも一般的に皮膚が薄くなっています。だから、レーザーを当てると痛みを強く感じやすいという傾向があるのです。

皮膚が薄いというのがVIO脱毛で痛みを感じやすい理由になりますけど、あとはこの部位というのは毛が濃く生えやすいところでもあるので、レーザーを当てるときに強く反応しすぎるということも言えます。それもVIO脱毛の痛みが大きくなりやすい理由になっているのです。

したがって、VIO脱毛の痛みというのは他の部位よりも感じやすい原因がちゃんとあるので、自分も痛みを感じるという前提で利用していくべきと言えるのです。そうなると、痛みが本当に起きた際にどうすべきか?という対策が必要になります。

VIO脱毛の痛みへの対処法

痛みが発生するといっても、痛みの程度は個人差があるため、そのまま施術を続行できる痛みとそうじゃない痛みがあります。施術を続行するのが難しいときには何らかの対策をとる必要があるのですが、例えばクリニックを利用しているときならば、麻酔の注射を打って、それで痛みを感じづらくするということが可能です。

しかし、脱毛サロンの場合にはそれができないので、痛みに対する対処という点を踏まえると、脱毛サロンとクリニックで利用するべき方が決まってくるということも言えます。やっぱり麻酔が使えるか?どうかという点は、痛みに対する不安を緩和させるためにかなり重要ですから。

しかし、脱毛サロンでも対策が全く使えないわけではなく、例えば使っている機器の威力を落としてもらうなどが可能です。その分効果も弱まることになりますけど、痛みが我慢できる範囲に収まれば施術は続行できますから。

そうやって痛みが我慢の範囲を超えたときに、いかにそれを緩和させるか?という対策を頭に入れておくことができれば、いざというときに備えることができるので、VIO脱毛の痛みへの不安は小さくなるはずです。

VIO脱毛の痛みに関しては一定程度は起きると思っておくべきですけど、それが我慢の範囲を超えるか?超えないか?は個人差があります。そして、やってみないと分からないという意味では、痛みの程度が自分の我慢の範囲を超える前提でいた方が良いですし、そういったときにはこういう対策が一応使えるということを知っておくと良いでしょう。

痛みが起きる前提でいないと、そういう対策が可能なことを知ることもないでしょうから、VIO脱毛をこれから行いたい人はこういった部分をしっかりと頭に入れて受けていくと良いと思います。